ThreeBond6601Kによるカーボンブラスター施工

ThreeBond6601Kによるカーボンクリーナー施工方法です。

エンジンをかけた状態でサージタンクからインテークマニホールド、燃焼室へとダイレクトに液剤を注入します。
これで、吸気バルブ、ピストンヘッド等に付着したワニスやガム、カーボン等を強力に溶解、除去します。
不純物は排ガスとともに外部へと放出します。
作業時間はおよそ30分です。

ThreeBond6601Kによるカーボンブラスター施工は10,000km毎にクリーニングがおすすめされています。
定期的に行うことで理想的な燃焼効率と吸気効率を回復、維持することができるそうです。
特に、高年式・多走行車、普段の走行距離が短い車にお勧めされることが多いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。